20代応募OKの整備士の求人をお探しの方へ

20代応募OKの整備士求人を探すなら!

自動車整備士とは、自動車の定期的なメンテナンス、診断、調整、修理、分解、組立を行う技術職のことです。自動車整備士は自動車整備士免許の取得後、ディーラー、カーショップ、整備工場などで働きます。ディーラーではメーカーの自動車のみを取り扱うことになり、常日頃から最先端の技術に触れることが可能です。これに対して、カーショップや整備工場ではさまざまなメーカーの自動車を取り扱います。その他、近年では運送会社やガソリンスタンドに専門の自動車整備士を常駐させる企業も増えてきており、自動車整備士の活躍の幅は広がりつつあります。

自動車整備士の仕事は必ずしも資格が必要ではありませんが、ほとんどの自動車整備士の求人募集では資格を持っていることが応募条件となっています。そのため、自動車整備士を目指している方は養成学校に通うのが一般的です。自動車整備士の資格には実技試験と学科試験がありますが、養成学校の全課程を修了して卒業すれば実技試験が免除されます。また、養成学校は就職サポートが手厚く、100パーセント近い就職内定率を誇るところも多いです。もっとも、20代くらいの若い方ならば、学校に通っておらず、資格を持っていなくても、自動車整備工場に見習いとして就職することができる可能性は十分にあります。

自動車整備士は現場で数年ほど経験を重ねた後、フロントアドバイザーやフロントマネージャーなどのフロント業務に異動するのが自動車整備業界の一般的なキャリアパスです。フロント業務では、故障診断、見積掲示、整備受付、部品発注などを行います。その他、営業職員へ転身する場合もあります。どちらにしろ、ビジネスマナーやコミュニケーションスキルを求められる仕事です。自動車整備士として働き始めの頃は基本的に自動車やバイクばかりを相手に仕事をすることになりますが、フロント業務や営業では大勢の人たちと関わります。20代となるとキャリアアップを前提とした採用になるので、人事の担当者は将来的にフロント業務や営業を任せることができるかどうかというポイントも厳しく見ています。機械を扱う能力だけでなく、人柄をアピールすることも大切です。

自動車整備士の仕事は通常、野外で行うことになります。夏は暑い中で、冬は寒い中で仕事をしなければならないので、体力が重要です。その点、働き盛りの20代は体力が充実しているので、就職や転職に有利と言えるでしょう。

整備士の求人情報は転職エージェントで探そう!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートキャリア