30代応募OKの整備士の求人をお探しの方へ

30代応募OKの整備士求人を探すなら!

一昔前まで、自動車整備士の勤務先はディーラー、カーショップ、整備工場などが代表的でした。しかし、近年では運送会社、バス会社、建設機械メーカー、ガソリンスタンドなどでも専属の自動車整備士を雇用するケースが増えてきています。自動車整備士の活躍の幅は広がっており、転職市場も活気に満ちた状況が続いているので、30代からでも転職は十分に可能です。自動車整備士は新卒採用だけでなく、中途採用も積極的に行われています。

業界全体の傾向として、自動車整備士は20代を中心に構成されています。自動車整備士は仕事は忙しいものの、昇給のペースが非常に緩やかであり、実績が形として残ることも少ないのでインセンティブが得られることはほとんどありません。自動車整備士として優れた腕前を持っているにも関わらず、中々周りから評価されないというケースもあります。そのため、キャリアアップのために転職をするという方も多く、人の入れ替わりが激しいので人手不足で悩んでいるという整備工場などは全国各地で見られます。自動車整備士の資格を持っており、実務経験があれば転職は比較的容易です。なお、大手のディーラーや整備工場で勤務した経験があれば給与面や待遇面で優遇されることもあります。

10代や20代ならば自動車整備士の資格を持っていなくても見習いとして採用される可能性がありますが、30代の転職の場合は自動車整備士の資格が必要不可欠と言えるでしょう。自動車整備士の資格は通常、専門学校や養成学校に通ってから取得するのが一般的なルートです。3級自動車整備士の試験であれば学科試験の難易度は低いですが、独学で実技試験の合格を勝ち取るのは非常に困難となっています。仕事が忙しく専門学校や養成学校に通う時間を確保できないという方は、自動車整備士振興会の講習に参加し、実技試験の免除を受けるという選択肢もあります。講習期間は半年程度なので、近場に振興会の事務所があるという方は検討してみるといいでしょう。

自動車整備士の求人募集の多くは正社員としての就業になりますが、経験が足りない方などの場合は契約社員としての就業になることもあります。しばらく経験を積んでから正社員として登用されるという流れは自動車整備業界では一般的です。

自動車に組み込まれる技術というものは日進月歩であり、それを取り扱う自動車整備士も常に勉強を続けておく必要があります。積極的に知識や技術を勤勉な姿勢を見せれば人事の担当者からは高く評価されるでしょう。

整備士の求人情報は転職エージェントで探そう!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートキャリア