40代応募OKの整備士の求人をお探しの方へ

40代応募OKの整備士求人を探すなら!

自動車整備士の仕事は基本的に野外で行うことになるため、夏は暑さによって、冬は寒さによって体力を奪われます。また、自動車産業の技術力は日進月歩であり、近年では環境問題に配慮した全く新しいタイプの車なども続々と登場しています。自動車整備士はそうした最新鋭の自動車も取り扱うことになるため、就職後も絶えず勉強を続ける勤勉な姿勢が必要です。

自動車整備士として働いている方は20代の若年層が中心です。体力と気力が充実しており、知識の飲み込みも早いため、求人募集では20代の方がもっとも積極的に採用されています。そのため、40代からの転職は20代と比べるといくらか不利になると言えるでしょう。しかし、大手のディーラーなどでの勤務経験があり、1級大型自動車整備士、1級小型自動車整備士、1級2輪自動車整備士などの資格を持っている場合、自動車整備士のまとめ役として採用されるケースもあります。

自動車整備士の仕事は自動車の整備や修理だけではありません。自動車の持ち主である利用者に故障の状況、修理の内容、部品の特徴などの説明をする場面も出てきます。利用者から満足を得るためには自動車を完璧な状態に整えるだけではなく、説明時において誠実かつ丁寧な対応を心がけることも重要です。そうした細やかな気配りはリピーターの増加にも繋がります。

自動車整備士は将来的にフロント業務や営業に携わることもあります。そのため、自動車整備士は自動車に関する知識や手先の器用さの他、コミュニケーションスキルも必要です。その点、40代となるとさまざまな人と仕事をしてきたという方が多いので、こうした点においては20代の他の転職者と比べると有利に立っていると言えるでしょう。営業経験や接客経験がある方は大きなアピールポイントになります。

自動車整備士は常に採用ニーズがある職業なので、地元で働きたいという方も比較的容易に求人情報を見付けることができるでしょう。また、年齢的に不利でも、それを補うだけの実力や実績をアピールすることができれば十分に採用を勝ち取ることは可能です。

自動車整備士の中で、もっとも年収が高いのが40代です。平均すると、500万円程度の年収を得ている方が多くなっています。また、大手のディーラーなどには福利厚生施設が割安で利用できたり、持株制度が導入されているところもあります。傾向として、中小よりも大手の方が給与面や待遇面は恵まれているところが多いです。

整備士の求人情報は転職エージェントで探そう!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートキャリア