土日休みの整備士の求人をお探しの方へ

土日休みの整備士求人情報を探すなら!

サラリーマンなど、一般的な職種についている人は土日が休みという体制で仕事をしている人が多いです。しかし整備士になるのであれば、一般的なサラリーマンのような土日休みはあまり期待すべきではありません。土日休みにあまりにこだわっていると、なかなか該当する求人は見つかりません。というのも整備士を雇っている整備工場やディーラーなどは、接客業の一種でもあるからです。たいていの人はマイカーを整備や修理のために工場に出す、車検を受けるといったことは休日を使って行います。このためディーラーや整備工場を訪れるお客さんは、自然と土日が最も多くなるわけです。お店にとってはかき入れ時になるので、そこで働くスタッフは土日の休日は返上して仕事せざるを得なくなります。では一般的な整備士は、どのようなリズムで休日を得ているのでしょうか?

整備士は看護師のような感じで、シフト制で休日をとるスタイルをとっている所が多いです。週休2日制をとっている所もあれば、月に6〜8日の休日をスタッフ同士ローテーションで回していっている所もあります。年間休日を見てみると、105日前後という条件で求人を出している所が多いです。平日に同僚と交代で休みを取ります。ちなみに求人情報の中には、「週休2日制」と「完全週休2日制」という似たような用語が使われているのに気付きませんか?両者は一見すると同じことを言っているように思えますが、実際には大きな差があります。ただの週休2日制の場合、週2日の休みが月に1回以上あれば掲載できます。毎週2日休みを確保しているのであれば、完全週休2日制と掲載されているはずなので勘違いをしないでください。

整備士はこのほかにも、有給休暇や慶弔休暇、特別休暇などを取得できます。ちなみにお盆休みや年末年始に休む人は多いですが、整備士もこのあたりの休日はカレンダー通りとしている所が多いです。このように一般的な働き方と整備士の働き方には若干の違いのあることは理解しておくべきです。ただし求人情報を見てみると、土日は厳しくても、日曜日は休日としている求人はときどき見かけます。週末休みにどうしてもこだわりたいのであれば、日曜休日の案件を探してみてください。転職エージェントに登録すれば、キャリアコンサルタントがこのような条件に該当する求人情報を探してくれます。非公開求人も抱えているので、週末休めるような整備士の求人を持っている可能性も十分期待できます。

整備士の求人情報は転職エージェントで探そう!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートキャリア