航空機の整備士の求人をお探しの方へ

航空機の整備士求人情報を探すなら!

海外以外でも国内を移動するときに飛行機を利用する人も増えてきています。日本の空には数多くの航空機が飛んでいますが、航空機でひとたび問題が生じると大きな事故につながりかねません。空の安全を守るためにも、航空機の整備は非常に重要です。航空機の整備をするスタッフを航空整備士と呼びます。航空整備士はフライト前に行うライン整備を日常的に行います。そして一定の飛行時間を超えた航空機を対象にして、ドッグ整備を実施します。航空機は一般的に、大小合わせると万単位のパーツによって構成されています。この中の一つのパーツでも欠落や不具合が発生すると、飛行自体に影響を及ぼす恐れも出てきます。このため、念入りな整備が要求されるわけです。

航空整備士というと空港で作業服を着て業務をしている姿を見たことのある人も多いはずです。このため、航空会社に所属して、整備の仕事をしていると思っている人も多いのではありませんか?しかし彼らの多くは航空会社に直接雇われていません。航空会社が関連の整備会社に委託して、航空機の整備を行います。ですから航空整備士になるためには、専門学校で基本的なことを学び、国家資格を取得した上で航空会社系の整備会社に就職する流れが一般的です。

その他の航空整備士の転職先として、航空機使用事業会社もあります。航空機使用事業会社とは小型飛行機やヘリコプターを運航している会社で、自社の小型飛行機やヘリコプターの定期的な整備を任されます。航空関連の会社で航空整備士が活躍しているケースもあります。航空機メーカーや航空機関係のエンジニアリング会社、航空計器メーカーなどに就職するケースもあります。大きな事故や事件があった時、テレビや新聞で空撮することがあります。このため、新聞社やテレビ局では自前のヘリコプターを所有しているケースもあり、整備士を募集している所も見られます。

また官公庁で航空整備士として活躍できるケースもあります。たとえば、警察や消防では、小型機やヘリコプターを使って、空から救助活動を行うケースもあります。警察航空隊や消防航空隊などといわれますが、これらに所属する整備士もいます。また官公庁では、海上保安庁や航空自衛隊でも整備士の募集が時々行われているので、興味のある人はチェックしておくべきです。このように航空整備士として活躍できる職場は、たくさんあります。そこで自分がどのようなキャリアを築きたいのかを考えて、どこに転職するのがベストなのかを考えてみてください。

整備士の求人情報は転職エージェントで探そう!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートキャリア